Sort by 08 2013

Category: ナナツ的  

*思い浮かびますか?*


 IMG_4599s.jpg



ウチのお母様は、
いまだ韓流ブームの波にサーフィンボード小脇に抱え、
乗りに乗ってる側の人で。


しかしながら、

ワタシも、
ねーさまも、

その波に乗っていないどころか、



一体それのどこがどうしてどの様に惹かれどの様にいいのか?



といったコトが,
ナノレベルで解ってあげられない側の人々で。



そんな3人が先日、
お外でランチをした時のコト。



「やっぱり韓流の人達はイイ!!」



とおもむろに語る母さまに、


ワタシと、
ねーさまは、



「えーーあの人達の一体何処がいいのー??」


と華麗に反論を繰り広げたので、

お気に召さない母さまは、




「じゃあ、あんたたち、





 日本の役者さんでいい人を挙げられるの??

 言ってみなさいよ!!」




と。


突然の攻撃に、
思わず怯む実の娘二人。


冷静に考えれば、

あれやこれやと、
それなりに思い浮かんだんだろうけど、


なんたって急な攻撃だし、

窮鼠な状態であり、


今ここで間違うと、

母さまの韓流ブームという名の火に油を注ぎ、
更にこじらせてしまう可能性もあるキケンな局面であり。


高まる緊張感。



えーと、

えーと、





「ほら居ないじゃない!!」



母さまから容赦ないプレッシャー。




えーと、

えーと、

えーと、


ほら、

あれだ、



窮鼠、

反撃のターン、










「お、大野くん!嵐の大野くん!!」









何だか、
随分しょっぱい所だったかもしれない。


さすがに役者なのか、

この主旨にそぐっているのか、


言った本人ですらいささか戸惑う所だけど、



母さま、














「あぁ、大野くんかぁ。。大野くんはいいよねー。」












まさかの好印象。

さすが天下の嵐様ですよ。


60代もメロメロ。



その後、
ゆっくりと話は嵐へとシフトチェンジをし、

波風たたないゆるやかなランチと相成りました。

ありがとう嵐。



とりあえず、

今冷静に挙げてみると、



今のところ、




山田孝之



位しか、

思い浮かべていないのが現状です。


ブログランキング・にほんブログ村へ


1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08