Sort by 11 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類  

*OS大捜査線*


 DSC00095s_1s.jpg



先日、
お仕事が終わってから、
お客さんと飲みに行った時のコト。

飲んだくれの道中に、

若い女の子がしゃがみ込んで、
冷え込んでるであろうアスファルトを舐める様に見てたんですよ。


ああ、


なんか落っことしちゃったんだなと、
おばちゃんぴーんと来ちゃって。


寒空の下、
たった一人で探しているその様が何とも不憫で、

ここはひとつお力になっちゃうぞと声を掛けたら、




「ペンダントトップが落ちちゃって。。」




そう答える彼女の目は、
ウサギも裸足で逃げる程の真っかっかな涙目ぶり。


なるほどなるほど、


おそらく、
何処かのイケてるメンズから貰った大事なモノというワケか。


じゃあじゃあ捜索しましょうと、
お客さんと一緒に地面に這いつくばって捜索開始。

ほどなくすると、



「何か落したんですか?」



と見知らぬ人が。



「あの子がペンダントトップを落としちゃったみたいでね」


そう説明すると、
じゃあじゃあ捜索しましょうと。
いらっしゃいませ1名追加。


しばらくすると、

また、



「どうしたんですか?」


と。

そして、
じゃあじゃあ捜索しましょうと。
大盛況だよ1名追加。

そんなコトを繰り返しては、


ひとり、

またひとりと増えていき、



気が付くと、



総勢約15名で、






深夜の大捜索線に。





加わった捜索隊の中には、
懐中電灯を持参するという頼もしい猛者も。


やぁやぁそれを貸しちくれと、
側溝の柵の下を照らして探してみたり。



しかしながら、



これだけの人数で必死に探しているのに、


どーにも、

こーにも、


見つからない。


見つからな過ぎて、
落とし主の子が、

「私が、私が、こんなトコでペンダントを触ったりしたから。。」

と、いよいよネガティブ発言出ちゃったり。

まぁまぁそう言わずに、
大事なモノだもんねみんなで探そうねと窘めながら捜索続行。


そして、

捜索隊が暗躍してから1時間近く経ったものの見つからず、
その上色んなお店の電気が消えて捜索もいよいよ困難に。


他の捜索隊としても、
見つかるまで帰るに帰れないみたいな雰囲気で、

若い男の子の隊員なんか、


「絶対に見つけてやる!」


とか息まいちゃってるし。


色々とみなさんの声掛け応じてた身としては、
なんだか悪いなぁと段々罪悪感が。

なので、
彼女には大変申し訳ないけども、



「電気も暗くなっちゃったし、

 明日あかるくなってからもう一度探した方がいいかもしれないよ。」



と捜索線終了宣言を。



みんなも思う所があったようで、
じゃあじゃあとみんな集まり、


そうだねそうだね明日がいいね

もし見つかったらすぐ隣りのお店に置いておくってコトで


と今後の傾向と対策を話し合い、

じゃあお疲れさまでした!
と一体何の集まりだよといったやりとりを終えて解散に。

そして、

幾分もやもやが残りながらも、
集いし勇者たちは、

みな、


それぞれの道へ!




歩きだしたところで、














「あ、コレじゃない?」












まさかの大発見。



なんだよ、


あれだけ探して、



今かよ。



しかしながら、

これでやっと勇者たちのもやもやもばこんと解消し、
各々いい顔して帰って行きました。



それにしても、

こうして協力してくれるなんて、
日本人も捨てたもんじゃないなぁ


と、
心が温かくなる、

一方、




まぁ、




落とした主が、





かわいらしい若い女の子だったからな




と、
歪んだコトも思ってしまうワケで。

なんたって、
捜索隊の中でワタシ、


紅一点だったもの。


男性は若い女の子のためならえんやこら。



とはいえ、

たとえ下心があろうが、
なかろうが、

何だかんだいいながら一生懸命探してくれる、

そんな男の人達の優しさにキュンときた大捜索の夜でした。


男子ーかっこいーー。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。