Sort by 10 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ナナツ的  

*余韻*

おまえ

あなた

離れ離れになってしまうとは、

つゆほども思わずに


手を離したあの日から探し探され6日間


やっと見付けた我が片割れ


さぁ今一度、

手をつなごうよ今度こそ離れまいと誓いながら!!




と、いったやりとりが、
あったかどうかは解りませんが、


何だかんだと月日が経ち、


やっとこさ寸断された神経が繋がって、
唇の感覚がだいぶ戻って参りました。



おかえりワタシのクビチル。

ただいまワタシのクチビル。



というワケで、

もったいぶらずにジャンジャンバリバリと、
新たに襲いかかった悪夢の正体を話しますが、


早い話、




お酒が飲めなくなったワケですよ。




このワタシが。



なんたって、
口の中も縫ってるから、

食事すら、

歯磨きすら、

笑うことすらままならずで。



最初の2~3日は、

野菜ジュースだけとか、

ヨーグルトだけとか、


どんなスパルタンダイエットだよってな食事に。


そもそも、


口を縫っていようが、

唇の神経がなかろうが、

転ぶんじゃなかったと反省しようが、


お腹は通常営業にすくワケで。


もうTVに映るどんな食材も美味しそうに見えて仕方ない程に。


たまらんっってなってちょっと食べてみるも、

クチの中の糸を噛んで噛んで、
痛くて痛くて、
やんなっちゃって、

じゃあもういいよと、
(今までよりは)栄養不足な日々を過ごしていたら、




今度は、






ふらっと貧血。







思わず、

ヨコハマタソガレ。



何をしてもうまくいかないので、
こうなりゃパーッと飲んじゃうか!と思ったところで、

お酒禁止指令発令中。


難易度高い。


お陰で、
ぐつぐつコトコトと内なるソレを煮立たせながら、

過ごす日々ですが、


まぁ何もかもが酔っぱらって転んだワタシが悪い。


これに尽きる。



とりあえずは、
“精進”という言葉を胸に、

そして、
もう二度と顔から転ぶもんか!という固い誓いも胸に、



ぐぐっと堪えてがんばりマス。

わんつーわんつー。




ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Category: ナナツ的  

*Xデー ~悪夢の鐘が鳴る~*

(*attention!!**微グロ画像有りのため閲覧注意報*)


いよいよ10月となり、

過ごしやすい季節になったかな?
ならないかな?という時分に、

ワタシ見事にやらかしまして。



酔っぱらって、



すってんころりんことやらかしまして。



転ぶコトはよくあるコトだし、

ましてや、
酔っぱらうコトなど大変よくあるコトだけど、

今回は、

何ていうか、



見事に顔からダイブしてしまったワケで。



しかも砂利道に。



たとえ酔っぱらっても、
顔だけは死守するのが女たるもののハズなのに、


両手に全くキズを負わない程の無防備っぷりで、
砂利道へ顔からダイブ。


ワタシらしさ全開でうんざりするトコですが、

うんざりしたトコで事態は好転せず。


出来あがったのはキズだらけの顔で。









  IMG_6774ss.jpg






クチビルがぷるんぷるん♪してるのではなく、

お口の中が切れているものだから、
ぶるんぶるんに腫れあがっているだけで。


とりあえず負傷した午前中は、
これは如何なもんだろうなと思いつつもまんじりと過ごし、

午後になって、
腫れのひかない顔に、

というか、

顔にキズを負ったという事実に、
やっぱりこれでも女形、


ただでさえ既に事故でこさえたキズがあるのに、
この上またキズが増えたら色々やっていけないんじゃないかしら?

ここはプロ(医者)に委ねるべきでは!!


と遅まきながら決断。英断。


腹が決まればさぁさぁ出発、
まだ幾分暑さ残る午後に帽子かぶってマスクしてGO。


駅までの道中、

自転車に乗って独り言を嗜んでるおじいちゃんが、



「気持ち悪いやつばっかだ!」



と叫んでいるのを聞き、

あぁ、それには、
この暑さのなか帽子とマスクのワタシも含まれてるんでしょうな

なんてコトを思いながら電車に乗って病院到着。


さっそく呼ばれてまずは顔のレントゲンを。

レントゲン技師さんに、
とりあえずお口の中のキズを見せると、



「あぁ、これは。。
  口の中の傷と口の外の傷を見るに、



 どうやら下の歯が貫通して一度外に突き出たみたいですね。。



 かなり血がでたんじゃないですか?」





と言われ、



「え、あ、ですね。。」


ゆるい返答。

出たような出てないような正直よく覚えていないけど、
そんなコトより歯が貫通ってそこのキミ。

聞きたくなかった衝撃の事実。


事実に怯むワタシを
追撃するように、


「何時頃ケガされたんですか?」


と問いただしてきたので、
気を取り直しては、




「あ、夜に。。」



と答えると、









「あぁ、酔っぱらってですか。。。」






と。


なんて物分かりの良いこと。




その後、
レントゲンを撮り、



「もし下の歯が貫通していたら、
 切開して縫うコトになるかもしれないので、


 その心積もりだけしていてくださいね。」



と言われ、



この瞬間、

ワタシ初めて思いました。






転ばなきゃ良かった




と。

今更。


思った所でやり直せないのが人生で、

もう切ったり縫ったりの語感だけで、
なんかクチから心臓出ちゃいそうなアレになりつつも

先生に診てもらうと、


何時頃にケガしたの?とデジャブな質問をされ、
夜に、とデジャブな返答をすれば、

「あぁ、酔っぱらってですか。。。」

と、
またも物分かりのよいデジャブな返しが来るといったやりとりをした後、




「やっぱり下の歯が貫通したね。

 他のキズも砂利が入っちゃってるし、






 全部切ってキレイにして縫わなきゃダメだね。」






って、


全部!!



ええ、
思いましたとも。












転ばなきゃ良かった!











本日2回目。


もう泣いちゃいたいと思ったワタシに、

まさに泣きっ面にハチ、



顔面注射は思った以上に痛く、

キラリ涙が光る事態に。



しかも5回も射しよってからに。



そして手術台に乗せられ、
切ったり縫ったりと悪夢のような時間を過ごした後、

こんなんなりまして。










  IMG_6820s.jpg








お口の上と、
お口の下のテープが、

ハンパないオーラを放つもんだから、



腹話術の人形みたいだと笑われる有様。


いちにのさんすうのタップくんとすら言われ。




しかしながら、



そんなワタシに、




更なる悪夢が待ち受けていたワケで。




まぁ、
それはまたいつか。


みなさんもくれぐれもお気を付けくださいませませ。



ブログランキング・にほんブログ村へ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。