Sort by 03 2011

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ナナツ的  

*そりゃ書きますよ*

先日、
某テレビ番組で、

紙切り芸をやっていたので、

なんかエコっぽいし、
ワタシ達もちょっくらやってみよう!と、

紙を半分に折り、
ハサミでちまりちまりと、

お題のネコちゃんを切ってみることに。



まずは、

ワタシの作ったネコちゃんを。







  IMG_2473s.jpg






ヒゲの位置がおかしいとかそういったアレはさて置き、
MAXネコとは言いにくいソレではあるけども、

それなりに愛に満ちたネコっぽいソレになったかと。

うんうん。



そして、



ウチの巨匠が作ったネコちゃん。














  IMG_2469s.jpg











“ネコちゃん”改め、




邪悪な猫魔神。

参上。





目がつり上がってるコトも去るコトながら、


不穏な輪郭も見逃せない。

まさかのパンプキン状。



期せずして、

同じ惑星に住むソレとは思えない程に、
似ても似つかないネコちゃんと猫魔神の誕生となりました。






 IMG_2468s.jpg




こうして並べるとワタシのネコちゃんが目に優しい。


物事というのは見た目も中身も捉え方も、
そして技術も、
千差万別というコトなんでしょうね。


なかなか奥が深い。



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Category: ナナツ的  

*テンペンチー*



    IMG_2254s.jpg






3月の初めに、

地元のこじんまりとしたお店屋さんで、
ちょっとタバコをお願いしたら、



「タバコ?」


「誰の?」


「アナタの?」







「年齢的に大丈夫なの?」






と、
店主のおじいちゃまに。


まさかの展開。


それなりに年を重ねてるワタシは、
謙虚に苦笑いを浮かべながら、




「もう、37歳ですから。。」



と。


消え入りそうな声でご報告。

人様に公言する歳でもナイけども。



でも、
だって、
ホラ、

10代に見えちゃったから。



ちょっとした、
天変地異へのプロローグのようなソレだけど、

だとしても悪いのはワタシではなくおじいちゃんで。


まぁ考えようによったら、
そんな若々しく見えてしまったワタシが悪いとも言えなくもないけれど。
(陶酔中)



ちなみに母親にこの話をした所、




「バカだねぇ。


 正直に言わずにサバ読んだ歳を言いなさいよ。」




と。

いつの時代も、
亀の甲より年の功。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: ココロのアナ  

*for*


   IMG_2273s.jpg




我慢。

その後ろに大事な未来。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: iPnone的  

*らび*

先日書いたiPhoneアプリ「草食男子」で、
(参照→*域*

姪っ子たんをやってみたら、


ワタシと同じ女豹に。







   IMG_2322s.jpg





なんとも愛らしい。


今日は、

この愛らしさをお伝えできたら、
もうそれだけで十分なので、

そろそろおいとまします。

ごきげんよう。



いやはやホントなんとも愛らしい。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: ナナツ的  

*キミはボクのモノ*



   IMG_2172-2 (2)



ワタシには、
ワタシのモノなのに、


乗れない自転車があって。


それは遡るコト5年程前、
折りたたみ自転車を貰ったものの、

実はワタシ、
ゆっくりのんびりまったり出来る徒歩をこよなく愛しており、

自転車のめまぐるしく変わる風景に追いついていけずで、

ソレにまったく乗っていなかったワケで。


全く乗っていなかったものだから、
ベランダに置きっぱなしだったのだけど、

そろそろいい加減、
この自転車の方向性を決めなきゃねと、

一応、
ベランダを卒業し、
エントランスにある自転車置き場へ持って行くコトに。

そのまま方向性を思案して日々を過ごしていたら、


ある日、


ワタシの自転車のサドルが、


それはまぁピカピカになっていて。


あれだけ放置していた自転車のサドルが、
こんなにピカピカになってるハズがない、

あ、移動した時キレイにしたのかしらん?

と、必死に溶けかけた記憶を辿り、
そんなコトはするハズがないという結論へ。


じゃあ、

これは、


どーゆーコトか。


そして気付く、






自転車に鍵が掛っているコトに。






鍵を付けっ放しにして、
自転車を置いたという事実には胸を張れたので、

これは、

間違いなく、



誰かが使ってるんだなと。



ウチのマンションの住民がこっそりと、
いや堂々と、

むしろ我が物顔で、


ワタシの自転車を使ってるんだなと。



そして、
ご丁寧に鍵を掛けて持ってっちゃってるもんだから、

所謂持ち主であるハズのワタシが使えないというステキな事態に。



5年間も乗らずにいた位だから、

ワタシがこの先ソレに乗るコトはないにしても、


乗らない、


と、


乗れない、

は、
全然違うのではなかろーか。


だからと言って騒ぎ立てる程の愛着があるハズもなく。


まぁ、でも、アレだ、
言ってしまえば持てあましてたワケだから、


ソレを誰かが活用してくれてると思えばそれはそれで、

ワタシが持っているより確実に愛用されているワケだし、


そんなトコに落ち着き、
大してあがってない留飲を下げました。


自転車をくれた方には、
大変申し訳ない話ではあるけども。


とりあえず、
その方への恩に報いるためにも、

犯人の顔はいつか見てやりたいと思います。


弔い合戦。



ブログランキング・にほんブログ村へ


1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
> < 03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。