Sort by未分類

Category: 未分類  

*SORE-ZORE*


 IMG_4923s.jpg



ペイズリー。

ペイズリー柄。


買うのを迷うのがペイズリー柄。


何故なら思い出してしまうから。



デパートで働いていた時に、

お気に入りの、
ペイズリー柄のスカートを履いていたら、


他の売り場の子が、

えらい勢いで近づいてきては、




「ダメ!


 ペイズリー柄は着ちゃダメ!!




 ペイズリー柄は、


 ペイズリー柄は、




 女を不幸にするんだから!!」





と言われたコトを。


え?

なんで?


ひねりのない疑問を投げかけてみるも、

不幸にするとばかりだった彼女。


彼女にとって、

思わず他人にまで警告する程の、

猛烈な不幸が過去に、
ペイズリー柄にまつわってあったのか。

どーなのか。



結局、

なんだかよくわからなかったけど、



それ以来、


買うのに迷うのがペイズリー柄。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: 未分類  

*MOMEMOME*

***前回*momemom*より引き続き***


やんばるくいな。


そんなこんなで、
念願の番号ゲットと相成ったものの、

年末年始に盛大に風邪をひき、
連絡するのもアレだよね、

って感じのまま放置していたら、


1月の上旬に管理会社からご連絡が。

何でも、




 大家さんとワタシと管理会社の3人で、

 以前の部屋に集い、


 そんな中でワタシがエアコンのフィルターを掃除したら、


 
 もう、


 それで、



 エアコンクリーニング代は



 チャラで

 ヘッチャラ





そう大家さんがいうとったと。


年末年始を挟んで、
一体大家さんにどんな心の変化が生まれたのか。

憶測するならば、


訴訟はやっぱり勝てないし大変だよと、
周囲にこんこんと諭されのではないかなと。


まぁ、
エアコンのフィルターの掃除は当初のソレとは関係ないと思うけど、

大家さんとしても水に流すのなら、
何かちょっとやってもらわないと気が済まないってアレなんだろうし、

もうそれで終わるならやるやるやっちゃう
ワタシやっちゃうって感じで軽快に承諾。




そして、

大家さんと初顔合わせの運命の日。



しんさんが、

「オレは清掃要員としていく!」

と謎の気合いの元、
作業着にまで着替える業者っぷりだったので、

じゃあそれならいらっしゃいなと、
二人してバケツ持って掃除道具持ってゴー。



周りの意見をあまり聞かないガンコで困ったおじいちゃん、

なんとなく、
そんなイメージを持っての御対面だったワケだけど、

実際は、


想像のかなり斜め上を行く人が待っており。


若さを感じさせないというか、
言うなれば、

あまりお友達にはなれそうもないというか。


作業の合間、
たまたま大家さんと二人で玄関の外に出たら、

大家さん、



「ほんとにこの度を色々すみませんでした。

 何だかこんなコトになってしまって。。」


と思ったより低姿勢で。

あらまぁ意外と好印象。
なんて思っていたら、





「あの掃除の人は、










 お父さんですか?








と。

いやいや父ではないですよと答えるのがもう精一杯。

どこからどうやって見たらそう見えるのか。



いかんともしがたい思いでいると、







「折角の御縁だし、

 良かったらお友達になってくれませんか?」





って、え?


あれだけもめたのに。

まさかのお友達申請とは。



え、あ、はーい、いいですよー




「ショートメールでいいんで送ってください!」




え、あ、はーい、いいですよー



「歳も近いんで!」



え、あ、は。。。ええ??


近いの?

って歳まで知ってるの?


そうか、

ワタシと大して変わらぬ歳で、
マンション買って大家とは。

そういった財力は魅力的ではあるけども。



その後幾度となく
「ショートメール」「お友達」
の単語をぶつけられながらも作業は終了。


帰る時、

大家さんはわざわざ玄関先まで送ってくれるというかいがいしさで、
管理会社の人は微動だにしないふてぶてしさで、


8年間住んだ場所を後にし、

騒動に幕がおろされました。


やれやれ。



色々と面倒くさかったけど、
まぁ、

終わりよければ全てヨシってコトで。


浮いたエアコンクリーニング代は、

作業着まで着てがんばった、
プチ業者さんとの飲み代で泡となるという、

非常にワタシらしい着地点でキュッと〆。


そんなこんなで、
そろそろおいとましたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: 未分類  

*老兵*


 IMG_7163s.jpg


先日、
いよいよお引越しを敢行。

少数精鋭にも程があるたった2人でお引越し。

とりあえず、
旧お住まいと新お住まいは歩いてたった5分程度のソレなので、

大物の本格的な引越し作業の前に、
1週間あまりかけて、

左肩のバッグに荷物、
右手でひくカートに荷物、

とえっちらおっちら地味に日々運んでおりまして。

1日3~4往復は固かったので、
大物登場の頃にはあらかたうまいコト運び終えてプチ楽チン♪




なんて、


思うワケもなく、




冷蔵庫を始め、
洗濯機だの、
テレビ台だの、
チェストだの、

大物四天王達の威力は莫大で、


50近いおいたんと、
40目前のおばたんが、

たった2人で運ぶのにはどーにもこーにもぶるどっぐな惨状。


おいたんはまだしも、


日頃お箸より重い物を持ったことのない、
40目前が足を華麗にガツンと引っ張るワケで。

体力もなければ気力もないこれといって根性もない
そんなぐずぐずの40目前参上つかまつるん。


とはいえ、一応は10時にスタートして、
午前中には運び終えるというスピード感としては申し分なく。

やっぱりというか当然というか、
その後1週間は、

歩くたび、
座るたび、
笑うたび、
生きるたび、

筋肉痛が40目前の熟れに熟れた体を積極的に襲いきたワケで。



もうね、

思ったの。



やっぱりモチはモチ屋。

引越しは引越し屋。


ムキっとしてガチっとした若者達に任せるのが一番なのよ。

老兵は引き下がってたらよいのよよいの。
何も戦場の最前線にいくことないの。


まぁ、
でも、
アレだ、

色々と大変だったけど、


この過酷な引っ越しもいつの日か、
きっとステキな想い出になる。


ハズ。


いや、なってもらわねば。




そんなワケで、
約8年間もの間住み続けた愛すべきお部屋にさようならを。

ありがとう。

ありがとう。

小さなものから大きなものまでみんなありがとう。



さようなら。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: 未分類  

*OS大捜査線*


 DSC00095s_1s.jpg



先日、
お仕事が終わってから、
お客さんと飲みに行った時のコト。

飲んだくれの道中に、

若い女の子がしゃがみ込んで、
冷え込んでるであろうアスファルトを舐める様に見てたんですよ。


ああ、


なんか落っことしちゃったんだなと、
おばちゃんぴーんと来ちゃって。


寒空の下、
たった一人で探しているその様が何とも不憫で、

ここはひとつお力になっちゃうぞと声を掛けたら、




「ペンダントトップが落ちちゃって。。」




そう答える彼女の目は、
ウサギも裸足で逃げる程の真っかっかな涙目ぶり。


なるほどなるほど、


おそらく、
何処かのイケてるメンズから貰った大事なモノというワケか。


じゃあじゃあ捜索しましょうと、
お客さんと一緒に地面に這いつくばって捜索開始。

ほどなくすると、



「何か落したんですか?」



と見知らぬ人が。



「あの子がペンダントトップを落としちゃったみたいでね」


そう説明すると、
じゃあじゃあ捜索しましょうと。
いらっしゃいませ1名追加。


しばらくすると、

また、



「どうしたんですか?」


と。

そして、
じゃあじゃあ捜索しましょうと。
大盛況だよ1名追加。

そんなコトを繰り返しては、


ひとり、

またひとりと増えていき、



気が付くと、



総勢約15名で、






深夜の大捜索線に。





加わった捜索隊の中には、
懐中電灯を持参するという頼もしい猛者も。


やぁやぁそれを貸しちくれと、
側溝の柵の下を照らして探してみたり。



しかしながら、



これだけの人数で必死に探しているのに、


どーにも、

こーにも、


見つからない。


見つからな過ぎて、
落とし主の子が、

「私が、私が、こんなトコでペンダントを触ったりしたから。。」

と、いよいよネガティブ発言出ちゃったり。

まぁまぁそう言わずに、
大事なモノだもんねみんなで探そうねと窘めながら捜索続行。


そして、

捜索隊が暗躍してから1時間近く経ったものの見つからず、
その上色んなお店の電気が消えて捜索もいよいよ困難に。


他の捜索隊としても、
見つかるまで帰るに帰れないみたいな雰囲気で、

若い男の子の隊員なんか、


「絶対に見つけてやる!」


とか息まいちゃってるし。


色々とみなさんの声掛け応じてた身としては、
なんだか悪いなぁと段々罪悪感が。

なので、
彼女には大変申し訳ないけども、



「電気も暗くなっちゃったし、

 明日あかるくなってからもう一度探した方がいいかもしれないよ。」



と捜索線終了宣言を。



みんなも思う所があったようで、
じゃあじゃあとみんな集まり、


そうだねそうだね明日がいいね

もし見つかったらすぐ隣りのお店に置いておくってコトで


と今後の傾向と対策を話し合い、

じゃあお疲れさまでした!
と一体何の集まりだよといったやりとりを終えて解散に。

そして、

幾分もやもやが残りながらも、
集いし勇者たちは、

みな、


それぞれの道へ!




歩きだしたところで、














「あ、コレじゃない?」












まさかの大発見。



なんだよ、


あれだけ探して、



今かよ。



しかしながら、

これでやっと勇者たちのもやもやもばこんと解消し、
各々いい顔して帰って行きました。



それにしても、

こうして協力してくれるなんて、
日本人も捨てたもんじゃないなぁ


と、
心が温かくなる、

一方、




まぁ、




落とした主が、





かわいらしい若い女の子だったからな




と、
歪んだコトも思ってしまうワケで。

なんたって、
捜索隊の中でワタシ、


紅一点だったもの。


男性は若い女の子のためならえんやこら。



とはいえ、

たとえ下心があろうが、
なかろうが、

何だかんだいいながら一生懸命探してくれる、

そんな男の人達の優しさにキュンときた大捜索の夜でした。


男子ーかっこいーー。


ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: 未分類  

*匿名*

先日、スーパーの鮮魚コーナーで、
生のイカを買ってさばけるかどーかに、
心迷わせつつ売ってるイカをガン見していたら、

突如、腰骨の辺りをつんつんと突かれ、

セクハラ?
と振り返れば、

見知らぬおばあちゃんが立っていて、



「お財布危ないわよ。」



と警告されたナナツです。


割りとむき出し感のある、
ポシェット(今でもそう呼んでいいの?)のポケットに、
お財布を入れれてそれが危ないという警告。

全力でイカにも集中してたし。

あくどい人が本気だせば盗れるよな。


うん、確かに危ない。


中身が乏し過ぎて危機感が全くなかったですよ。


何より、
他人の財布の心配をしてくれるとは、
なんたる優しさ。

ありがたい。


ただ、家に帰ってから、





履いていたジーンズのジッパーが大全開




という恐るべき事態に気づき、

どちらかというと、


コチラを指摘して欲しかったなぁと。


色々な部分で危機感が足りないワタシ。

危機感どころか色んなものが足りないワタシ。


ちなみに、
結局、おイカ様はご購入し、

皮をむくのが激烈に面倒臭かったですが、
なんとかさばきましたよ。

さばく間、終始、
イカと目を合わせないよーにはしましたけどね。

なんだかものすごく


「オレの体に何してくれてるんだ」


と、
恨まれてる感がビンビンするみたいな。

そもそも、
何だかんだと死体をバラバラにしてるワケで。


そんなこんなで、
生まれ変わったをイカ様。


   



里芋とのコラボ。




↑生意気にもランキングなんぞに参加しております。
 良かったらポチりと押してクダサイマセマセ。 く(*´ー`)fom:ナナツ

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07